Torch For Animals(トーチフォーアニマルズ)
〜傷病動物たちとそのご家族のために〜

めめのおうちメンバー紹介(更新中)

一般社団法人 Torch For Animals の
ホームページへようこそ!

Torch For Animals(トーチフォーアニマルズ)は、傷病動物、
及びそのご家族のために以下の活動を柱にしています。

●保護猫傷病猫ケアハウス『めめのおうち』
●保護傷病動物支援のためのショップ『Mememamori』
●傷病動物及びそのご家族を応援するための『Charms for Animals』

みなさまのご支援により成り立つ活動となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ドミノ

2024-05-15 10:59:12
IMG_9326.jpeg

Instagram投稿日【2024.5.15(水)】

 

めめのおうちメンバー紹介

ドミノくんです⭐️

 

2015.4.7センター引き出し

 

ドミちゃんはとにかく、とにかく大変でした。

 

まだ赤ちゃんだったドミノは、しだり後ろ脚が何故か縦半分切断された状態でセンターに収容されました。

センターで手厚いケアを受け、随分よくなったところで引き出したのですが、その後創傷治療の大変さを思い知ることに。

 

ドミノは特に傷が治りにくい体質だったようで(そういう体質の子がいる、というのはセンターの獣医さんがのちに色々調べてわざわざ教えてくださいました)、傷口がふさがるどころかどんどん酷くなり、毎日2回包帯交換をしなければで、当初は病院に毎日朝晩通っていました。

 

ところがこの包帯を巻く、というのが絶妙な技が必要で、キツイと患部が壊死するし、ゆるいとすぐ取れる。

 

さらにドミノにとっては激痛。

 

毎日あぶら汗をかいて噛まれまくりながらの包帯交換でした。

 

創傷治療に強い先生を探して少し遠くの病院にも通い、最終的にはその先生に皮弁手術をしてもらってなんとか完治。

ここまで数ヶ月を要しました。

 

めめちゃんの輸血では、ドミノの血がすごく合っていて、長持ちしたので3度も輸血してもらいましたが、3度目はもうダメでした。

しかも、病院が怖すぎるドミノはパニックで帰宅した時キャリーから飛び出ただけで、左後ろ脚を骨折。

また入院手術したのですが、入院中にまた骨折。

また手術してもらったけど、結局左後ろ脚はつけなくなってしまいました。

 

本当にごめんね、ドミチョス。

 

やはり左後ろ脚はとても脆くなっていたようです。

 

そんなドミですが、とっても甘えん坊で可愛いのです❤️

 

小さい時の癖からか、時々めちゃ痛く噛まれますが(笑)普段はゴロゴロ言って甘えん坊さん。

伽羅姉さんと仲悪すぎてどうしようと思っていましたが、いつのまにか隣でまた並んでご飯食べたりするくらいになっています。

 

多頭飼いあるあるだと思うのですが、猫が増えたり減ったりすると、猫同士の関係も変わるんですよね。

 

ドミノはとにかくたくさんたくさん頑張ってきた子です。

すごく痛いことをたくさん経験したけど、全部乗り越えてきました。

みんなそうだけど、ドミノも私の宝です✨

 

ドミチョス、ありがとうね。

これからは痛いことないように、ずっとずっと元気で長生きしてね。

 

#めめのおうちメンバー紹介 

#めめのおうちメンバー紹介ドミノ

#保護猫 #保護活動

#地域猫 #地域猫活動

#ドミチョス

#東京都動物愛護センター出身 

#adoptdontshop 

#teko家の犬猫たち

ハナ

2024-05-14 15:34:22
IMG_9248.jpeg

Instagram投稿日【2024.5.14(火)】

 

めめのおうちメンバー紹介

幻の三毛猫ハナちゃんです❤️

 

ハナのことはよくハニャコー、と呼んでいます。

とっても可愛い魅惑の白三毛、しかも鼻黒🎵

 

ハニャはお友達の @michipoke みっちょんのところに現れた不思議な子でした。

捨てられたのかな?

みっちょんが保護してくれて本当によかった…

当初は家族募集がんばったのですが、なぜかお問合せ頂いてもうまくいかず…しかもハナがそのたびに酷いアレルギーになったり…

 

しかもハニャコは幻の猫で、お客様が大嫌い。

 

もうこれはうちの子になると訴えているのかな、と諦めてうちの子に。

 

繊細なところがあり、甘えん坊なくせに私と夫以外には姿も見せません。

アレルギーもあって、特に春はおハゲができやすい💦

 

でもこうしてこれを書いている今もぴったり横にいてすりすりしてくれています。

 

とても個性的な模様で、体は真っ白なのにお顔は三毛、しかもお鼻は真っ黒で尻尾はサビ風。

唯一無二でしょう?

 

ハニャコー、と呼ぶと駆け寄ってきてくれる可愛さですが、お客様に見てもらえないのが残念です。

 

可愛いハニャコ、お見知りおきを❤️

 

#めめのおうちメンバー紹介 

#めめのおうちメンバー紹介ハナ

#幻の三毛猫ハナ

#保護猫 #保護活動

#地域猫 #地域猫活動

#adoptdontshop

クリパ

2024-05-13 23:26:39
IMG_9170.jpeg

Instagram投稿日【2024.5.13(月)】

 

めめのおうちメンバー紹介

紅一点ならぬ、犬一点、クリパちゃんです。

 

推定お誕生日は2016.9.25

男の子に間違われることが多いのですが、女の子です。

 

なくてはならない私の相棒であり、猫たちを優しく護ってくれて看護師さん的な役割もしてくれる子です。

てんかん発作の神楽とは毎朝一緒にお散歩して、神楽を大切に護ってくれています。

 

親バカ全開ですがとても頭も良く、この上なく優しくて最高の相棒です。

 

強いて言えば大きい犬が怖くて吠えちゃう、私のことが好き過ぎて少し分離不安傾向(かなり改善しました)、雷が怖過ぎてパニックになる…くらいが気になるところでしょうか。

 

猫たちもクリパのことが大好きな子が多くていつも猫にまみれて仲良く暮らしてくれています。

 

ほんとは旅行とかにて連れて行ってあげられたらいいのですが…

そこだけはごめんね、と思うところです。

 

子供たちにはよく、オオカミ!と言われますがお顔は小動物系の可愛らしいお顔です(と親バカだから思うのかな?)

 

大親友はネムちゃん。

他にも仲良くしてくれるお友達がたくさん!

みんなありがとう。

 

お散歩が大好きで以前獣医の先生に筋肉すごいから歩きすぎじゃない?と言われたくらいです(笑)

 

生まれた時からスーパーいい子なんじゃないかと思われがちですが、パピーの時はなかなか大変なところもありました。

パピースクールにも通って、大人になってからも2回トレーナーさんについて、私が勉強しました。

 

賢くて優しくて可愛くて…

でも繊細でとても気を使う子で、仕事熱心。

たまにはもっともっとリラックスして過ごしていいんだよー。

 

自称猫婆の私ですが、クリパのおかげで犬バカでもあります。

 

#めめのおうちメンバー紹介

#めめのおうちメンバー紹介クリパ

#teko家の犬猫たち 

#元保護犬 #雑種犬

#素晴らしい犬クリパ

#adoptdontshop

てこちゃん

2024-05-01 11:39:03
IMG_8665.jpeg

Instagram投稿日【2024.5.1(水)】

 

めめのおうちメンバー紹介

 

今日は私の永遠のベビー、てこちゃんを紹介します❤️

 

何を隠そう、私が保護活動を始めるきっかけになった子です。

以前住んでいたところで、ある宗教施設の前で大声で泣き続けていたちーっちゃな赤ちゃんがてこちゃんでした。

 

え?と思って駆け寄ると施設の方が、2匹で捨てられたみたい、と。

ふと見ると兄弟?がぐったり横たわっていました。

 

大慌てでそのまま病院へ。

先生の懸命の治療むなしく兄弟はその場で息を引き取りました。

キジ白のとても可愛い子猫ちゃんでした。

 

てこちゃんもひどい猫風邪で、連れ帰ったはよいけどそれからしばらくは生死を彷徨う看護となったんでした。

 

当時はただの猫好きだった私、地元のボランティア団体に登録はしていましたが、このまま飼うことはできないと里親募集を決意。

それでブログをはじめたのが最初の一歩でした。

 

失明間違いなしと言われていたお目目もなんとかなり(瞬膜の癒着と涙目はずっとありますが)、今度はうまく歩けないことが発覚。

横浜の専門の先生のところまで診てもらいに行き、後ろ脚の腱に障害があることがわかりました。

 

なんとか歩けるようにはなりましたが、ジャンプも走ることもできません。

 

それよりなにより、ものすごく可愛い❣️と思っていたのにまるで人気がなく…

 

実はてこちゃん保護直後に、看護に疲れた夫が(といっても夫が看護してたわけではないのにー笑)息抜きしたいと言い張って弾丸でランチしに行った銚子で夫がボロボロの子猫を見つけてしまってとんぼ返り、という事件もあり、ジャンと名付けたその子もデスメで失明かと思われたのですが白濁を残して治り、ジャンの方が里親さんが先に決まりました。

 

引き続き全く人気がなかったてこちゃん。

 

子猫の時からおっさんフェイス。

子猫なのにたるんだお腹。

ああ、なんて可愛いの💕

 

と思ったのは私と夫だけだったみたいで、めでたくうちの子に。

 

しかし、まさかこのことをきっかけに全てが変わっていくとはこの時はまだ分かっていませんでした。

 

何よりも本気で保護したことによって、治療の大変さ、看護のしんどさ、一頭の猫を幸せにすることの大変さを痛感しましたし、外猫たちの厳しい現実を初めて、目を開いて見ることになりました。

 

てこちゃんのせいで、いや、おかげで、私は猫婆への道をまっしぐらに歩むことになったのです。

 

そんなてこちゃんももう今年で15歳。

一時は9キロ近くもあった体重も6キロに。

脚が悪いのもあって、踏ん張りづらく便秘も悩み。

 

相変わらず安定のフレンチブルキャットフェイス。

 

私にとっては誰よりも思い入れが強い猫かもしれません。

 

とにかく愛おしい❤️

 

ずーっと元気で長生きしてね、てこちゃん。

 

#めめのおうちメンバー紹介

#めめのおうちメンバー紹介てこちゃん

#teko家の犬猫たち 

#保護猫 #保護活動 #傷病猫

#地域猫 #地域猫活動

#adoptdontshop 

#てこちゃん

#フレンチブルキャットてこちゃん

空介

2024-04-30 15:09:35
IMG_8639.jpeg

Instagram投稿日【2024.4.30(火)】

 

不定期更新になると思いますが、我が家にいる子たちの紹介をしていこうと思います。

(お空組も時々登場予定)

 

ストーリーズハイライトに入れていくつもりです。

見ていただけると嬉しいです。 

どうぞよろしくお願いします❤️

 

トップバッターは先日17歳になった黒猫の空介。

我が家で一番優しい甘えん坊さんです✨

現時点で我が家に一番長くいる子です。

 

一歳過ぎるくらいまでは猫風邪で何度も死にかけて、おかげで動物病院もあちこち行って、長生きできないと言われて泣いて、それでも鼻水あちこち飛ばしながらも元気に長生きしてくれています。

 

が、流石に歳をとってきてここのところめっきり弱り、先日の血液検査で腎臓が悪くなっていることが分かってラプロスを飲み始めたところです。

 

痩せてしまったし、今まで平気だったのに新しい猫風邪が来ると激しく反応するようになってきました。

元々慢性化しているのに、猫風邪症状がひどくなるので悩ましいです。

 

とにかく優しい子で、誰にたいしても優しいです。

女の子たちも空介には甘えています。

 

私や夫がご飯を食べる時は、いつもしがみついてくるので食べにくいったらありませんが、(それに鼻水飛ばすし)私にとっては大切な大切な王子。

 

どうかずっと元気で長生きして欲しいです。

 

#めめのおうちメンバー紹介

#めめのおうちメンバー紹介空介

#黒猫王子空介

#teko家の犬猫たち 

#adoptdontshop 

#保護猫 #保護活動

#地域猫 #地域猫活動

#シニア猫

1